FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【田鶴濱 守人 陶展】 あと3日

IMG_7674.jpgIMG_4683.jpgIMG_4036.jpg

【田鶴濱 守人 陶展】
折り返しまして、残り3日と、なりました。

刷毛目以外にも、すばらしい器が届いています。

・山砂釉

水色のような、緑のような淡い色。
自然の砂を田鶴濱さんが採取してきたものを使っています。
一つひとつ表情が違います。

お酒を入れたり、この季節そばつゆをいれて卓上へ。
花器にもおすすめです。


・落葉釉

茶褐色のグラデーションに引き込まれます。

くぬぎの落葉を50袋位集め、それを燃やしてできた灰を
釉薬に使っています。
こちらも自然の恵み。

土や、温度などいろんな要素が組み合わさった唯一無二のもの。

大皿と、注器。

注器が好きなので、すぐ贔屓してしまう。

他にも、半磁器のもの、粉引きなど田鶴濱さんのさまざまな器が見ていただけます。
8/2(日)まで。

ご来店、お待ちしております。

スポンサーサイト

「円相を描こう」

【田鶴濱 守人 陶展】に合わせ
先日開催いたしました、「円相を描こう」

たくさんのご参加、ありがとうございました。

田鶴濱さんの、集中し一筆で描き上げる刷毛目を見ていて
思いついたワークショップでした。

書家の国分佳代さんを講師にお招きし
実現いたしました。


まずは、墨をすり、練習開始です。

DSC_3258.jpg
DSC_3261.jpg


円はどこから描きはじめる?
時計回り?反時計回り?

各々違うのです。それに気づいただけでも、楽しい。
田鶴濱さんは、反時計回り。
国分佳代さんも反時計回り。

みなさまは???

墨の濃さ、筆の運びで円はおのおのの形に。

DSC_3270.jpg

最後は、パネルに清書し、落款を押してもらい完成です。

2015.7.26  夏

DSC_3260.jpgDSC_3272.jpg

円、丸、簡単と、思われるかもしれません。
禅の書のひとつで、宇宙などにもたとえられます。
田鶴濱さんの器を感じていただきながら、円を描く。
円相は心を写す鏡。
今の自分と、対峙するような時間となりましたでしょうか?

参加してくださったみなさま
書家 国分佳代さま
おいしい円相クッキーを作って下さったgourmandiseさん

ありがとうございました。








【田鶴濱 守人 陶展】始まっています。

【田鶴濱 守人 陶展】始まっています。

土曜日よりスタート。
毎日、暑い暑い日の中、たくさんのお運び
本当に、ありがとうございます。


DSC_3250.jpgDSC_3253.jpg

当店では、初めての個展と、なります。
田鶴濱さんの作られている定番ものから
新作まで、幅広いアイテムが並びました。

鉄刷毛目をはじめ、粉引のもの。

   


     DSC_3244.jpgDSC_3248.jpgDSC_3246.jpg

山砂釉、落葉釉。
ご自身で山の砂を採取して釉薬を作ったり
落ち葉を燃やして、灰にしたものを釉薬にしたり。
写真では伝えきれない、良い色をしています。

田鶴濱さんの「今」を感じていただける器です。

本当に使いやすい器ばかりですが
料理を引き立てつつ、存在を強くアピールするのです。

ぜひ、この機会にご覧いただき
手に取って頂きたい。

ご来店、お待ちしております。








【Sun mi ミニ日傘展】開催中

!cid_86EFBA2F-F560-4E1E-998E-73CF61B8BC31.jpg


IMG_2705.jpg




Sun mi 日傘展

7/12(sun.)-7.23(thu.)  ※21(tue.)は、お休みとなります

毎年恒例、Sun mi の晴雨兼用の日傘、扇子、がまぐちなど
アフリカンバティック バーニュを使ったアイテムが
いろいろ揃いました。

新作のフリルの傘、新柄もたくさん入荷。
熱い太陽に負けない元気な柄、イロ。
23までのミニ展。
どうぞお楽しみください。

淡墨色の領域

7/26(日) 「円相を描こう」の講師をお願いした、国分佳代さんと
4月に個展をやらせていただいた、ガラス作家、新田佳子さんの展示が
西荻GALLERY みずのそらの始まります。


mizusoradm1.jpg

国分佳代(書) 新田佳子(ガラス)
「淡墨色の領域」

2015.7/17(金)→21(火)
12:00-19:00

書と、ガラス、お二人の作品が持つ、凛とした淡墨色の世界。
素晴らしい展示になると思います。

ぜひ。

| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。