FC2ブログ

tamaki niime 展へ向けて

先週お休みをいただきまして
展示より一足お先に
西脇市にあるtamaki niime weaving room & stock roomへ
行ってまいりました。


今年移られたばかりの、新しい場所です。

DSC_2246.jpg

この色、色、色。
整然と色分けされて並んでいました。
赤だけでも何色あるのでしょう?

この無限と思われる色の組み合わせから
玉木ショールはできています。

最近、玉木さんは染にも挑戦されています。
欲しい色がない場合は、作り出す。
色へのイメージがとても豊かなんだと思う。

DSC_2244.jpgDSC_2242.jpg

knit workにも、最近力を注いでらっしゃいます。

これは正直、見ていてもなぜこのように編みあがってくるのか
さっぱりわからなかったけれど(だめじゃん)
筒状になんとも柔らかいニットが出てくるのです。
これも色の組み合わせの妙。


今回の展示では、ポンチョ風カーデのようなニットを
選ばせていただきました。


DSC_2239.jpgDSC_2240.jpg


伺ったときは、ちょうど織り上がったものを、洗い、干し終わった後のタイミングでした。

それを一本ずつ検品、出ている糸の始末など
丁寧に行われていました。

それから、発送準備。

ここでも、ショール達はちきんと分類され並んでいました。
同じものが届かない。
その所以です。

秋の展示に向けて本当に忙しそうな時にお邪魔し、迷惑極まりない
とは、思いつついろいろ選ばせていただきました。
今年はonly one も届きます。
ウールのパンツも。

早く見ていただきたい!
こちらの気持ちが急くくらい。

tamaki niimeのショールに出合って何シーズン目だろう。
毎年、毎回新しいことにチャレンジしていて
止まることなく、すべてが進化している。



それをお伝えできることに喜びを感じます。

ぜひ、今年の秋のショールもお楽しみください。
10/12(土)からです。

皆様のお越しを、お待ちしております。














PREV | TOP |