スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹中悠記ガラス展 7日目

本日、7日目。



カンカン照りの中。





竹中 043

小皿 径:105 h:20




竹中 037竹中 039

楕円 豆皿 w:80 d:52 h:15



竹中 038

八角 小皿 w:105 d:105 h:20



竹中 040

豆皿 金彩 径:60 h:18


竹中 042

小鉢 径:110  h:30



サイズのお問い合わせを頂きましたので入れてみました。
参考になさってください。




まだまだ、たくさんすてきな器がございます。
9/30(日)までとなります。

皆さまのお越しをお待ちしております。





スポンサーサイト

竹中悠記ガラス展 5日目

本日5日目。



灯りの部。



竹中 023
竹中 032
竹中 021


一番上の柄は、「サーカス」をイメージされているそう。
灯りがともって、より楽しさが増しているようです。







そして、使ってくださった写真です。


IMG_8918.jpg
IMG_8323.jpg
IMG_4727_20120926204022.jpg

最後は、私。
いただいた栗おこわ。秋ですね。



ガラスとかの概念はとっぱらって使ってみれば
いろんなものに合わせられるんだなぁ。


素敵な写真をありがとうございました。



9/30(日)までとなります。

皆さまのお越しをお待ちしております。







竹中悠記ガラス展 2日目

昨日から始まりました、竹中悠記ガラス展。
初日より、たくさんのお客様にお越しいただきました。
遠方からも、ありがとうございます。


竹中 034竹中 029竹中 035竹中 031





初めて手にとっていただいた方、以前よりファンの方、さまざま。
早速使ってくださっている写真もいただきました。
嬉しい限りです。

昨日は竹中さんもお越しくださり
貴重な制作話などもうかがいしました。

ありがとうございます。



まだまだ、いろいろ並んでいます。

30日までとなります。


皆さまのお越しをお待ちしております。







竹中悠記さんの工房から

22日(土)から始まる、竹中悠記ガラス展。

先日鳥取の工房へおじゃましてきました。

鳥取行 063


山あいのある集落の中に、お住まい件工房。
ほっと落ち着く場所でした。


どのようにできあがるのか、何度となくお話を聞いていたものの…
実際拝見するまで、あやふやだったことがぴーーーーんとつながりました!


展示が始まる前に種明かしです。



鳥取行 006

こちらが、大元の型。
シリコンのようなものでできています。



鳥取行 007

これに、石膏を当ててできた型に
色ガラスの粉をペースト状にしたものを、溝へ埋め込んでいきます。

鳥取行 008

この上から、粒度の違うクリアガラスの粉を混ぜて、載せます。


鳥取行 096

そして、電気窯で焼きますと、ガラスが溶けて形になるわけです。


       鳥取行 001

       石膏の型から外したところ。
       周りのギザギザや、表面のトキトキを研磨していきます。

       ちなみに石膏型は、水につけて外すため一回きりしか使えません。


       鳥取行 045


       ちょっと柄は違いますが、何工程も、何工程も経て
       こんなにうっとりとするモノに仕上がるのです。




種明かしや予備知識、時には先入観になってしまうかもしれません。
どこか片隅にしまって
当日、竹中さんのガラスを、ただただ見、手にとって頂ければと、思います。

22日(土)は竹中さんもお越しくださいます。

皆さまのお越しをお待ちしております。




明日は展示入れ替えのため、お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。








入荷のお知らせ

【新入荷です】


画像 1769画像 1770画像 1775画像 1771


■小関 康子

人気の象嵌のシリーズがいろいろ入荷いたしました。
一番下の湯呑は、今までのフリーカップを一回り小さくしたもの。
きれいな優しいラインが並んでおります。






画像 1773画像 1778


■菅沼 淳一

ショートリムの丸皿やミニ花器入荷です。
↓角皿と同じ釉薬の新作です。(角皿、ただいま在庫0となりました)
今までより少し浅め。
どんなお料理も、余白も楽しめそうです。

そして、お待たせいたしました、ミニ花器もいろいろ揃っています。


どちらも瀬戸の作家です。


先日、せとものまつりに久しぶりに出かけてきました。
ギャラリーくれいでは、益子の作家の豆皿展を開催中。
瀬戸と益子の作家、一緒に見ることができ、とても見ごたえありました。
9/24(月)までです。
末広商店街という、とても趣のある商店街もオススメです。









| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。