FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育て中…

最近コーヒーを飲むときに出番の多い器。



画像 1076

松原竜馬さんのマグ




画像 1077

小谷田 潤さんのボウル


どちらも、sahanに並ぶ予定です。


色が着いていって、自分のものになっていく過程がとても楽しい。

でももちろんそれが苦手な方もいらっしゃる。
目止めに使う米ぬかを用意しております。

平松洋子さんの本によると、ヨーグルトも効果ありとか。
火を使わないから、楽チン。





今日で4月も終わり。


「やり残さない事」ってどうしてできないんだ、バカバカ
と反省する最終日…









スポンサーサイト

S様邸 納品いたしました。

S様邸、納品いたしました。





佐藤邸 004  テレビボード+デスク              


                        佐藤邸 005 プリンターはスライドトレーに
                   




佐藤邸 009
                                     ダイニングテーブル




佐藤邸 008
                  洗面収納 ミラー扉


S様邸はすべてナラ材。
とても気持ちのよい空間。

Hちゃんもここでもりもり育ってってくれたらいいな。


ありがとうございました。




 ■オーダーの家具、承ります。
  お気軽にご相談ください。





「茶と花」展

■茶花の教室、日にち、時間を追加いたしました。

■和菓子、お茶の販売の詳細を追加いたしました。



茶と花



「茶と花」
2010.5.14(金)-5.23(日) 会期中無休

お茶とお花を楽しむ器がいろいろ並びます。


   石原稔久    庄司理恵
   大中和典    鈴木史子
   小関康子    角田 淳


 花:江口宜舟  山吹、二輪草



■茶花のお教室をいたします。

 日時/5月15日(土)  14:00   受付終了いたしました。

      5月16日(日)  14:00   受付終了いたしました。
                16:00

  たくさんのご予約ありがとうございます。
  茶花のお教室の日時、追加いたしました。

 
 参加費/¥3,500 (お花代込)
 講師/江口宜舟

季節の草、木、花を、ありのままに。
昼下がりに、ゆったりお花を生けてみませんか?

ご予約はメール、またはお電話で。

メール:shop@sahan.jp

電話:052-783-8200



  花ばさみをお持ちの方は、ご持参下さい。
  こちらでも、少しご用意しております。

  花器は展示中もたくさん並ぶ予定です。
  お気に入りのものがあれば、お持ちいただいても結構です。




■新茶の販売をいたします。

  京都 椿堂茶舗  初摘み新茶、他ほうじ茶、和紅茶が並びます。


■和菓子の販売をいたします。

  wanokashi 89 和菓子が届きます。

看板を納品しました。

こちらもガラス展の間に。

西荻にあるセレクトCDショップ雨と休日さんの看板を納品いたしました。




雨と 005


岐阜県の杉板を使い、オイルを塗って仕上げてあります。
乳白の板をとおした光がやさしく
お店の名前の通り、雨の日に似合うような気がします。

ありがとうございました。





寒くても春だしなとむりやり素足だったので
毎日足がつっていました。
はけばね、いいんですけど。

今日はようやく少しあたたかくなりましたね。
ありがたいぃ。


画像 1074

壁に現れた、角田淳さんの器。






レンテン族の風呂敷など入荷です

ラオスの少数民族、レンテン族の風呂敷、豆敷など入荷しました。



画像 1070 


レンテンの人々が綿花のたねをまき、収穫し
それを紡いで、織って。

藍染の濃紺、青、そしてレンガのような赤、白
この4色(レンテンの伝統的な色)の生地を使い、すべて手縫いで仕上げた風呂敷です。



画像 1067  豆敷

太さもまばらな糸で、一刺し一刺し刺繍された豆敷。
10歳の男の子からおじいちゃんまでチクチクチクチク自由に刺します。
ときには消え入りそうな線があったり。
二つと同じものはないのです。



画像 1069

ほか、ペンケースなど。




このレンテン族の手仕事を日本に紹介しているのが谷由起子さん。
ラオスと日本を行ったり来たりしながら、いろいろな活動をされています。

谷さんからレンテンの人々のこと、モノが生まれる背景など
いろんなお話をきくにつれ
ラオスへ思いをはせます。



谷さんの優しい目と、レンテンの人々の手が合わさって産み落とされたものたちを
ぜひ手にとってごらん下さい。










 

| TOP | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。