FC2ブログ

【編む 川井有紗 展】始まっています。

3連休の初日より、始まりました【編む 川井有紗 展】
たくさん方にお越しいただいております。

本当にありがとうございます。


DSC_3466.jpgDSC_3470.jpgDSC_3467.jpgDSC_3461.jpgDSC_3460.jpg

「縄文編み」と、名づけられた、手だけで編まれたシルクやコットン。
縄文時代を思い起こさせる洗練された腕輪や首輪。
「只々」と、名づけられた、無心に手を動かし、編まれた首輪など
今回初めてお披露目の「編む」をはじめ
自然界にあるものを素材に(これは普遍的な川井さんのテーマであろうと思うのですが)
作られた、ピアスやイヤリング、ブローチなど
さまざまなアクセサリーが並びました。


初日、二日目は、川井さんもお越しくださり
素材をどんなふうに探し、確保しているのか
お聞きするのはとても楽しかったです。

特別ではなく、身近に素晴らしい素材があることに
いつも川井さんは、気づかせてくださいます。

それは、大切なこと、尊い時間のような気がします。

そんなことを感じながら、店番をしています。

ぜひぜひ、たくさんの方に見ていただけたらと、思います。
11/29まで。
お待ちしております。





【CALOCOの布と服】始まっています。

DSC_3338.jpg



【CALICOの布と服】始まっています。

初日より、たくさんのお運び、ありがとうございます。

カディコットンも深い藍
デニム、シャンブレーと少し地厚な、秋冬にぴったりな織りのもの
また、シルクのジャガード、カシミアなど
インドの手仕事の布。
その深さを感じずにはおれません。

すべて手紡ぎ、手織の素晴らしい生地の洋服がたくさん届いています。

DSC_3341_2015100617380954d.jpgDSC_3346_20151006173811caa.jpgDSC_3351_20151006174053851.jpgDSC_3348_20151006174051b9f.jpg



右下のカシミアのショールは、ヤギに包まれているよう。
しなやかでしっとりとしたふわふわ感。

カンタやラリーキルト、細かくびっしりと刺繍をほどこされた
ショールなど、ぜひ、手に取って、見ていただきたいです。

回を重ねるごと、私自信もすっかり魅了され、どんどん興味が深くなるインドの布。
CALICO  worksさんのお話からも、熱い思い伝が伝わるからでしょうか。

You must be the change you want to see in the world.

「あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい。」

この、ガンジーの言葉に、影響をうけたと、言われています。
インドの布のすばらしさを広め、また日本の布、韓国の布をはじめ
世の布のすばらしさを認め
古渡更紗を復刻したりと、どんどん活動は広がっています。

それをここからお伝えできることに、喜びを感じています。
ぜひ、たくさんの方に、見ていただきたいものたちです。

12日(月・祝)まで開催しております。
心よりお待ちしております。






【nest クロヌマタカトシ展】

DSC_3302.jpg

【nest クロヌマタカトシ展】
始まっています。

淘汰された自然の形に敬意を表し
そして、そこに新たな命を吹き込んだ作品が届きました。

nest=巣 に、その世界観がぐっと詰め込まれている気がします。

ぜひ、たくさんの方に見て、感じていただきたい。

朝、夕方、夜と、一刻一刻、違った空気に。

クロヌマさんが撮られた海の写真にも、夜が来て
動物たちにも夜が来る。
この時間も格別です。

作品と、ともにお待ちしております。

DSC_3297.jpg
DSC_3299.jpg
DSC_3303.jpg
DSC_3305.jpg
DSC_3304.jpg







【小澤 基晴 陶展】始まっています

DSC_3293.jpg


【小澤基晴 陶展】 あと、3日。

始まってから、ずいぶん経ってからのアップ、お許しください。

初日より、本当にたくさんの方に足をお運びいただきました。
ありがとうございます。

いろいろ不手際があり、レジで大変お待たせしてしまい
申し訳ございませんでした。


小澤さん、たくさん、たくさん作ってきてくださいましたが
残り少なくなりました。

小澤さんの器を、実際初めて見、手に取られる方も多く
この機会に、ぜひご覧いただけたらと、思っています。

「今晩は、小澤さんのお皿でカレーにしよう」と、カレー作ってきたと言う方も。
なんとも、うれしいく、ほほえましい。
(カレー皿、無くてごめんなさい!!!)


30日(sun)まで、開催中です。
ご近所、babooshkaさんでは、引き続き小澤さんのお皿で
「小澤カレー」召し上がっていただけます。

使わせていただいているお皿、完売しておりますが
使って、気に入っていただけたら、当店にて受注しております。
お気軽にお声かけてください。

では、sahan&babooshkaで、お待ちしております。





【田鶴濱 守人 陶展】 あと3日

IMG_7674.jpgIMG_4683.jpgIMG_4036.jpg

【田鶴濱 守人 陶展】
折り返しまして、残り3日と、なりました。

刷毛目以外にも、すばらしい器が届いています。

・山砂釉

水色のような、緑のような淡い色。
自然の砂を田鶴濱さんが採取してきたものを使っています。
一つひとつ表情が違います。

お酒を入れたり、この季節そばつゆをいれて卓上へ。
花器にもおすすめです。


・落葉釉

茶褐色のグラデーションに引き込まれます。

くぬぎの落葉を50袋位集め、それを燃やしてできた灰を
釉薬に使っています。
こちらも自然の恵み。

土や、温度などいろんな要素が組み合わさった唯一無二のもの。

大皿と、注器。

注器が好きなので、すぐ贔屓してしまう。

他にも、半磁器のもの、粉引きなど田鶴濱さんのさまざまな器が見ていただけます。
8/2(日)まで。

ご来店、お待ちしております。

PREV | TOP | NEXT